8月8日、名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48の末永桜花が自身のツイッターを更新し、東海道新幹線の新型車両「N700S」を目撃したことを伝えた。

投稿で末永は「やっと会えたよ 今度こそはちゃんと写真が 撮れますように」と鉄橋を渡るN700Sの写真を感動交じりのコメントと共に紹介した。N700Sは8月現在5編成が営業運転入りしているが先代のN700Aに比べればまだまだ数が少なく、乗車するにはJR東海公式のTwitterで確認する必要があるなどレアな車両だ。

AKB48グループには駅弁好きの岩立沙穂(AKB48)や、新幹線が好きな瀧野由美子(STU48)など鉄道好きなメンバーがいるが、末永もその一人だ。動画配信サービス「SHOWROOM」の配信ではパンタグラフ(主に電車の屋根に取り付け、架線の電流を取り入れるための装置)の種類である「下枠交差形パンタグラフ」や、それを搭載する京阪3000系の魅力ついて熱弁したことも。さらには、今年1月に開催された初のソロコンサートでは山手線各駅を東京駅を起点に曲に乗せて全部言い切るといったパフォーマンスでファンを沸かせた。

この投稿にファンからは、
「新幹線撮るの難しそうなのにすごい」
「速いから走行写真は難しいね」
「この前新快速に乗ってたら並んだ」
「先日出張でたまたま乗りましたよ」
「走行時は静かで乗り心地が快適でした」
「早くこれに乗って SKE劇場に公演を観にいきたいなぁ」
などファンからの目撃情報や乗車レポートも続々と寄せられている。

なお、東海道新幹線は2020年3月のダイヤ改正で実現した「のぞみ12本ダイヤ」(片道の「のぞみ」運行本数を1時間で12本設定可能なダイヤ)を8月7日に初めて実施した。混雑緩和と感染症対策を兼ねて繁忙期を中心に今後も設定される。