【2019先取り大学生ドラフト候補密着レポ! 前編】捕手は大豊作。注目バッテリーは彼らだ!

【2019先取り大学生ドラフト候補密着レポ! 前編】捕手は大豊作。注目バッテリーは彼らだ!
 去る12月1日(土)から3日間にわたり、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで39選手(右投手8名、左投手6名、捕手6名、内野手10名、外野手9名)が集い、3年連続となる「侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿」が開催された。

 一昨年は今季のセ・リーグ新人王に輝いた東克樹(立命館大→DeNA)をはじめ、近藤弘樹(岡山商科大→楽天)、齊藤大将(明治大→西武)のドラフト1位組を始め、多数のドラフト指名選手が参加。昨年も巨人1位指名の高橋優貴(八戸学院大)、ソフトバンク1位の甲斐野央(東洋大)をはじめ、最上級生参加25名中10名がドラフト指名を受けるなど、逸材の発掘現場となりつつある同合宿。では、今回はどの選手がインパクトを与えたのか? 週刊野球太郎では『2019先取り大学生ドラフト候補・密着レポート!』と題し、2回に分けてレポートする。

 前編では下級生に好素材が多かった投手陣と、近年では最もハイレベルな面々がそろった捕手陣。バッテリーについて取り上げたい。

◎北山比呂(日本体育大)が大学代表候補選手強化合宿初の「150キロ」

 「150キロ」。坊っちゃんスタジアムのスコアボードに、侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿3年目にして初の数字が灯った瞬間、ネット裏からは思わず「おお」という声が上がった。その発生源は午後の紅白戦(8イニング制)・白組の3番手として登板した最速151キロ右腕・北山比呂(日本体育大3年)である。

 横浜高時代は本人曰く「1学年下の藤平(尚真、楽天)がエースで、僕は3、4番手」。しかも公称サイズは大学の1年生先輩・東妻勇輔(ロッテ2位)の172センチ80キロよりやや大きい「176センチ78キロ」。だが、「キャッチボールから松本(航、西武1位)さんの真似をして、胸を張って投げることを意識している」という学習意欲を基盤に、踏み出し、右腕のトップからからリリースまでの爆発力は、彼ら2人の先輩に勝るとも劣らないスピードを生み出す。侍ジャパン大学代表・生田勉監督もこれには「毎年次から次へと出てきますね」と驚きの表情を示していた。

 森下暢仁(明治大3年)、津森宥希(東北福祉大3年)といった侍ジャパン大学代表経験投手は招集を見送られ、新たな戦力を探るべく右腕、左腕3名ずつが参加した今合宿の3年生だったが、最速142キロの勢いあるストレートが時折見られた反面、やや制球力を欠いた右腕・原田泰成(東海大)や、最速141キロのストレートはじめ、変化球もことごとく狙い打たれた左腕・坂本裕哉(立命館大)など、6名は軒並み「好投手」の域を脱することができず。それだけに北山の存在はいっそう輝いた。となれば、北山がこのまま成長を続けていけば、2年連続の「日本体育大からドラフト1位指名」も十分視野に入りそうだ。

北山比呂(日本体育大)
北山比呂(日本体育大)

原田泰成(東海大)
原田泰成(東海大)

◎2020年・2021年の「ドラフト上位」へ

 そんな3年生投手たち以上に頑張ったのは下級生たち。特に木更津総合高3年時には侍ジャパンU-18代表入りし、ドラフト候補にも挙がった早稲田大の2年生左腕・早川隆久は、「参加したピッチャーのなかで一番いい。リーグ戦でも見たことがないピッチング」と、スカウト陣も絶賛の嵐を送っていた、

 事実、紅白戦の内容は圧巻だった。ストレートは146キロ連発。スライダーは鋭く曲がり、120キロ後半のフォークは急激に落ちての2回5奪三振。ロッテ、横浜、メッツで豊富な登板経験を持つ小宮山悟次期監督(2019年より指揮)から「下半身の使い方とリリースを前に出す方法を教わった」という効果を、すぐにマウンドで現すあたりはさすが。このまま順調な歩みを進めれば、2020年のドラフト1位はほぼ確実だろう。

 その他では、「あの『変なボール』は外国人バッター相手の武器になる」と生田監督にチェンジアップ、シンカーの精度を高く評価された明治神宮大会優勝投手・糸川亮太(立正大2年)、「チェンジアップのような役目をしてくれる」120キロ後半フォークが130キロ後半の伸びがあるストレートとうまくマッチしていた山崎凪(中央学院大1年)の両右腕などが2020年、2021年のドラフト上位候補である。

早川隆久(早稲田大)
早川隆久(早稲田大)

糸川亮太(立正大)
糸川亮太(立正大)

山崎凪(中央学院大)
山崎凪(中央学院大)

◎過去最高レベル!? 2019年は「捕手大豊作」

 このように、例年と比べるとやや層の薄さが目立った投手陣と対照的に「甲斐野や松本との球の勢いを比較してもらうため」(生田監督)に、侍ジャパン大学代表経験者の3年生4名が全員招集された捕手陣は豪華絢爛の面子がそろった。

 初日の二塁送球練習一つとっても全員が2秒を軽々と切るタイムをマーク。佐藤都志也(東洋大3年)が1秒79を叩き出せば、続く海野隆司(東海大3年)がすぐさま1秒72の驚異的タイムを出すなど、「過去最高レベル」といってよい定位置バトルが3日間繰り広げられた。

 他にも藤野隼大(立教大3年)はリード面の安定感が光り、郡司裕也(慶應義塾大3年)と代表候補合宿初招集の大本拓海(立命館大3年)は打撃面でアピール。そして大本と同じく初招集の古川裕大(上武大2年)もトータルバランスの高さが随所に見えた。

 NPBスカウトの注目はまず佐藤、海野、藤野、郡司のトップグループに集まることになるだろうが、早稲田実業3年以来の捕手復帰が見込まれる加藤雅樹(早稲田大3年)らも交えた「捕手大豊作」は2019年ドラフトの大きなキーワードとなりそうである。

佐藤都志也(東洋大)
佐藤都志也(東洋大)

海野隆司(東海大)
海野隆司(東海大)

藤野隼大(立教大)
藤野隼大(立教大)

郡司裕也(慶應義塾大)
郡司裕也(慶應義塾大)

取材・文=寺下友徳(てらした・とものり)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索