2位はギータ。1位に輝いたのは“男・○○”…。週刊野球太郎2018検索ワードランキング! 後編

2位はギータ。1位に輝いたのは“男・○○”…。週刊野球太郎2018検索ワードランキング! 後編
 2018年もドラマやトピックスが盛りだくさんだった野球界。ネットユーザーが気になるポイントはどこだったのか。何を調べて『週刊野球太郎』にたどり着いたのか。アクセス検索ワードランキング(1〜11月)を集計してみた。

 第1回に続き、今回は5位から1位をカウントダウン形式で紹介!

◎5位:一岡竜司

■主な第二検索ワード
「一岡 巨人」「一岡 大竹」「一岡 FA」

 第5位にランクインしたのは一岡竜司(広島)。一岡といえば、巨人にFA移籍した大竹寛に代わって、2013年オフに人的補償で広島に入団。セットアッパーの座をつかみ、広島になくてはならない存在になっている。

 人的補償で移籍した選手としては、歴代トップの大活躍を果たしており、FA人的補償の話題では「マクラ」で欠かさず登場する存在だ。

 ちなみに一岡自身は2021年シーズンにFA権を取得する見込み(現行制度で最短の場合)。

◎4位:浅村栄斗

■主な第二検索ワード
「浅村 FA」「浅村 移籍」「浅村 ショート」

 西武から楽天にFA移籍した浅村も注目を集めた。渋いのは第二検索ワードの「ショート」だ。

 高校時代は名門・大阪桐蔭高で遊撃を守り、高校野球でも歴代指折りの名ショートといわれていた。もちろん、「ポスト中島(宏之、当時裕之)」と目されていたのだが、プロでは送球が安定せず、一塁や二塁がメインに。遊撃は2013年に守ったのが最後だが、源田壮亮の入団までは「ウルトラC」として何度もファンの間で議論されてきた。

 ちなみに本格デビューした2011年は外野もかなり守っており、今思えば外崎修汰のようなユーティリティーの立ち位置だった。

◎3位:丸佳浩

■主な第二検索ワード
「丸 FA」「丸 FA いつ」「丸 FA 巨人」

 丸佳浩(広島→巨人)のFAには広島ファンもかなり気を揉んだようだ。

◎2位:柳田悠岐

■主な第二検索ワード
「柳田 年俸」「柳田 ももクロ」「柳田 すごさ」

 第2位は“怪物”“モンスター”“変人”“アスリート”、どんな表現も似合う人気者・柳田悠岐(ソフトバンク)だ。年俸は推定5億5000万円+出来高。2020年までの3年契約を結んでいるため、現時点では他球団に流出する恐れはない。

 また球界屈指の「ももいろクローバーZ」の大ファンとしても知られ、『伸ルカ反ルカ』は柳田のために作られたオリジナル登場曲。その他にもさまざまな楽曲を登場曲に使っており、日本シリーズ第5戦では『行くぜっ!怪盗少女』が流れた打席でサヨナラホームラン。本人もヒーローインタビューでテンションが上がったと語っており、あらためて「ももクロ愛」を示した。

◎1位:村田修一

■第二検索ワード
「村田修一 移籍」「村田修一 現在」「村田修一 獲得」

 2018年のトップに輝いたのは村田修一。輝いた……というと語弊があるかもしれないが、最後の最後まで「男・村田」の去就が注目を集めたことに違いはない。

 『週刊野球太郎』の各記事や他メディアの予想の中心はヤクルト、ロッテへの移籍だったが、ヤクルトは青木宣親を獲得し、ロッテは井上晴哉が本格化。BCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスで奮闘した村田だったが、各メディアの予想は外れ、現役引退を決めた。

 今秋からは巨人でファーム打撃コーチを務めるが、ある意味では巨人の罪滅ぼし的な意味合いもあるだろう。「FA入団後の面倒見」という視点では今後も話題に上がりそうな去就だった。

文=落合初春(おちあい・もとはる)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索