原辰徳監督&菅野智之、大谷翔平、佐々木朗希…。2019年プロ野球&高校野球の見どころは?

原辰徳監督&菅野智之、大谷翔平、佐々木朗希…。2019年プロ野球&高校野球の見どころは?
 2019年が始まった。あと1カ月もすれば、NPBの各球団はキャンプイン。球春到来となる。2月半ばからはMLBの各球団がキャンプイン。そして3月下旬からはセンバツが開幕し、高校野球がスタート。プロ野球でも日米ともに開幕を迎えることになる。毎年のことではあるが、野球ファンにとってはあっという間のことだろう。その開幕に向けて日米、そして高校野球と2019年の見どころをピックアップしてみたい。

◎1軍登録人数が29人になりオープナー制も?

 まずは2019年のプロ野球界から見ていきたい。

 2019年シーズンから1軍の登録人数が現行の28人から1人増え、29人になる。最終的には年明け1月21日の実行委員会を経て、翌22日の監督会議において通達することになっているが、ほぼ決定事項と言っていいだろう。

 これまで通りベンチ入り人数は25人と変わらないが、1軍登録人数の1人増加は各チームにとって大きいことだ。チーム方針によってどのような選手を登録するのかは異なってくるが、多くのチームは中継ぎ投手を増やすことになりそうだ。

 ラミレス監督はすでに「投手に枠を使う可能性が高い」とコメント。DeNAは中継ぎ投手陣を数多く投入するゲームが多く、登録が1人増えるだけでその起用法や投手の疲労軽減など、様々な面に影響を及ぼしそうだ。

 また、MLBで一部のチームが導入した「オープナー制」も取り入れやすくなる。オープナー制とは先発投手を1イニングないしは2イニング程度で交代させ、2番手投手に長いイニングを投げさせる作戦のことだ。MLBでも試験的な導入となっており、正式に全試合でオープナーを起用しているチームはない。

 日本で取り入れているチームはないが、日本ハムの栗山英樹監督がトークイベントで「たとえば、金子弌大を3試合連続で先発させるとかね」と、「たとえば」の前置きはあったが、同制度の運用について言及している。登録人数が1名増えたことで人数的な問題もクリアしやすくなる。もしかしたら、オープナー制を試すチームは出てくるかもしれない。

◎これぞ巨人! 4年連続V逸で大型補強を敢行

 高橋由伸監督3年目となった2018年シーズン。前年の本塁打王であるゲレーロやFAで野上亮磨を獲得したが、広島の3連覇を阻止することはできなかった。2015年シーズンから4年連続で優勝を逃すこととなり、高橋監督は辞任。前監督でもある原辰徳監督が3度目の登板となっている。

 原監督体制となった巨人はV奪回へ向け、このオフに大型補強を敢行。FA市場から炭谷銀仁朗(西武→巨人)、丸佳浩(広島→巨人)の2人を獲得した。ほかにもオリックスを自由契約となった中島宏之、昨季メジャーで20発を放ったクリスチャン・ビヤヌエバ、さらには岩隈久志も補強した。まさに「巨人らしさ」全開のオフと言っていいだろう。これだけの大補強を行ったからには当然、目指すは優勝だ。これまでに7度のリーグ優勝を飾っている原監督が8度目の戴冠となるのか注目が集まる。

 そのカギを握る一1人がエースの菅野智之だ。昨シーズンは2年連続で沢村賞を受賞。CSファーストステージではノーヒットノーランを達成。まさに絶対的エースとなった。

 2019年からは背番号が「18」となり、巨人のエースナンバーを引き継いだ。各所で公言している「20勝」、そして、1956年から1958年の金田正一(国鉄)以来、史上2人目となる3年連続沢村賞を目指すことになる。果たして、菅野は自身の3年連続沢村賞、そしてリーグ優勝の2つを同時に手に入れることができるだろうか。

◎打者・大谷翔平はどれだけの数字を残せるか?

 MLBで活躍する日本人選手の見どころも探りたい。

 2018年、「二刀流」として大谷翔平(エンゼルス)は海を渡った。残念ながら右ヒジの故障もあり、投手としては大きな成果を挙げられなかったが、野手としては打率.285、22本塁打を記録し、新人王を獲得した

 大谷はすでに右ヒジの手術を行っており、2019年は野手としてのみの出場が既定路線。また指名打者として出場することが濃厚となっており、打撃で今季を上回る成績を残すことが期待されている。5月、6月の復帰がひとつのメドとなっているが、野手に専念した大谷の打棒には日米が注目することとなりそうだ。

 また、花巻東高の先輩にあたる菊池雄星(西武)もポスティング制度で海を渡ることが濃厚。12月24日時点で所属チームは決まっていないが、その移籍先によっては先輩・後輩対決の実現も十分に考えられる。メジャーリーグで花巻東高の先輩・後輩対決を見ることができるだろうか。動向を見守りたい。

◎大阪桐蔭、大船渡・佐々木は夏に全力を賭ける?

 最後に高校野球の見どころも挙げたい。2018年の高校野球は大阪桐蔭高の話題でもちきりだった。春夏連覇を達成し、ドラフトで4名がプロに入る高校生離れしたチームだっただけにそれも当然だろう。その大阪桐蔭は秋季近畿大会の準々決勝で敗退した。そのため、センバツ出場は微妙な状況だ。夏の甲子園2連覇へ向け、挑戦者としてチームを強化することになりそうだ。

 新3年生で注目を集めている投手が大船渡高の佐々木朗希だ。すでに150キロを超えるストレートを投げており、甲子園、明治神宮大会といった全国大会への出場はないものの、その名は全国に知れ渡っている。秋季大会では岩手県大会4位となり、東北大会に進むことができず、春の甲子園への出場は絶望的。最後の夏に全国デビューを果たすことができるか注目される。

 このように2019年も野球界には多くの見どころがある。これまで同様に楽しんでいきたい。

文=勝田聡(かつた・さとし)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索