【プロ野球の神様からあの2人の選手にお年玉】内海哲也には援護点、倉本寿彦には本塁打を授けてほしい

【プロ野球の神様からあの2人の選手にお年玉】内海哲也には援護点、倉本寿彦には本塁打を授けてほしい
 お年玉をもらって喜ぶのは子どもたちだけじゃない。プロ野球の神様が、あの選手にこの能力をお年玉としてプレゼント。そんな新春の奇跡を妄想してみた。

◎倉本寿彦(DeNA)

■お年玉
本塁打量産の長打力

 プロ2年目の2016年は141試合に出場して打率.294、得点圏打率.301。2017年は143試合で打率.262ながら得点圏打率は.342。遊撃の守備に粗さがあるものの、勝負強い打撃を見せてきた倉本寿彦(DeNA)。しかし、昨季は新戦力として加わった名手・大和に押し出され、出場数は85に減少。今季は中心選手として居続けられるかの瀬戸際のシーズンになりそうだ。

 そこで倉本に授けてほしいお年玉は長打力。プロ4年間で6本塁打、高校、大学を合算しても13本塁打という数字を見るとホームランバッターのイメージはない。

 しかし、2014年に発行された本誌『野球太郎No.012 2014ドラフト直前大特集号』に掲載された日本新薬時代のインタビューを読むと、岩橋良知監督(当時)はトリプルスリーも夢ではないと本塁打にも期待。また、日本新薬に臨時コーチとして指導を受けた門田博光氏(元南海ほか)からも大きな学びを得ている。プロ野球歴代3位のホームランバッターとして知られる門田氏は、実は高校時代までの本塁打はゼロ。しかしバットを振り続けた末に567本塁打を放った。倉本も当時のインタビューで「まだまだ成長できる」「向こうが上でもいつかは絶対抜ける」と先を見据えている。

 現状、大和の守備を超えるのはたやすくない。ならば、長打力を磨いて巻き返してみるのも手ではないだろうか。プロ野球の神様、倉本選手に長打力を!

◎内海哲也

■お年玉
援護点

 先日、驚きのFA人的補償で巨人ファンをザワつかせた内海哲也(西武)。もちろん本人も思うところは大きいはず。しかし、持ち前のコミュニケーション力で早くも西武の選手たちに溶け込むべく行動開始。明るいチームカラーだけに、西武でもリーダーシップを発揮して、周囲から頼られることだろう。

 全盛期の力は衰えたが、昨季は5勝。もうひと頑張りできそうな気配を見せていた。左の軟投派が少ないパ・リーグへの移籍は吉と出る、と見る向きが多い。昨季の西武では阪神から移籍した左腕・榎田大樹が強力打線をバックに11勝と開花したのも、内海にとっては心強い傾向だ。

 経験豊富でスタミナのある内海が援護点に恵まれながら、あれよあれよと勝ち星を積み上げる姿も夢ではない。浅村栄斗が抜けたとはいえ、まだまだ山賊打線は強力。もやもやした気持ちを抱えている巨人ファンのためにも、自分のためにも、もうひと花咲かせてほしい。野球の神様、内海選手に援護点を! そして、6年ぶりの2ケタ勝利を!

文=山本貴政(やまもと・たかまさ)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索