オリックスは昨季開幕から7人を入れ替えと刷新/開幕オーダーはどうだった!? パ・リーグ編

【開幕オーダーはどうだった!? パ・リーグ編】オリックスは昨季開幕から7人を入れ替え
 主力選手が移籍したチーム、新戦力が加わったチーム、新監督が就任したチームなど、開幕を迎えるにあたって、各球団ともさまざまな変化があった。当然ながらオーダーにもそういった部分が反映される。各球団の開幕スタメンを見ながら、開幕直後の状況に触れてみたい。まずはパ・リーグから。

◎西武

■西武の開幕オーダー
1(左翼):金子侑司
2(遊撃):源田壮亮
3(中堅):秋山翔吾
4(一塁):山川穂高
5(捕手):森友哉
6(二塁):外崎修汰
7(DH):栗山巧
8(三塁):中村剛也
9(右翼):木村文紀
投手:多和田真三郎

 昨シーズンのパ・リーグ覇者である西武は、主力メンバーのなかから浅村栄斗と炭谷銀仁朗がFAで抜けた。とくに浅村は昨シーズン、打率.310、32本塁打、127打点とハイレベルの数字を残していただけに、その穴は小さくないが、それでも開幕時のラインナップを見る限り、森友哉が捕手として5番に入り、DHには栗山巧、そして恐怖の8番・中村剛也と、極端な戦力ダウンはさほどないように感じる。この打線は開幕以降もほぼ固定されている

(※源田壮亮が13日のオリックス戦で死球により右手関節挫傷。早期の復帰が待たれる)

◎ソフトバンク

■ソフトバンクの開幕オーダー
1(二塁):牧原大成
2(遊撃):今宮健太
3(中堅):柳田悠岐
4(DH):デスパイネ
5(左翼):グラシアル
6(一塁):内川聖一
7(三塁):松田宣浩
8(右翼):上林誠知
9(捕手):甲斐拓也
投手:千賀滉大

 昨シーズン終盤に右足首のじん帯を負傷し戦線離脱していた牧原大成が1番に復帰。自律神経の不調で開幕前に無期限の休養に入った中村晃の抜けた5番・左翼にはグラシアル。現状のほぼベストメンバーで開幕を迎えるも、グラシアルが左脇腹を、柳田悠岐が左膝裏を痛め、相次いで登録抹消という事態に。両選手とも開幕から好調だっただけにチームとしては痛い。

 育成出身の釜元豪、ベテランの川島慶三らがフォローしているが、打線の迫力ダウンは否めない。そもそもの選手層が厚いとはいえ、これ以上離脱者が出るようだと2年連続日本一に黄信号が灯る。

◎日本ハム

■日本ハムの開幕オーダー
1(三塁):淺間大基
2(中堅):西川遥輝
3(DH):近藤健介
4(一塁):中田翔
5(左翼):王柏融
6(右翼):大田泰示
7(二塁):石井一成
8(捕手):鶴岡慎也
9(遊撃):中島卓也
投手:上沢直之

 1番に淺間大基、2番に西川遥輝という開幕オーダーで臨んだ日本ハムだったが、3戦目からは1番・西川、2番・大田泰示という本来の並びに。そこからは、近藤健介と王柏融が左翼とDH(指名打者)を入れ替わったりはあるものの、5番までと9番の中島卓也は固定されている。昨年の主力打者からはレアード(ロッテ)が抜け、台湾の4割打者・王が加入。まだまだエンジン全開とはいかない王だが、暖かくなって本領発揮となるか。

◎オリックス

■オリックスの開幕オーダー
1(二塁):福田周平
2(中堅):西浦颯大
3(DH):メネセス
4(左翼):吉田正尚
5(三塁):頓宮裕真
6(右翼):小田裕也
7(一塁):T−岡田
8(捕手):若月健矢
9(遊撃):安達了一
投手:山岡泰輔

 今シーズンの開幕スタメンのなかで、昨シーズンの開幕時も名を連ねていたのは吉田正尚と安達了一だけ。ルーキーの頓宮裕真、2年目の西浦颯大や福田周平といったフレッシュな選手が並ぶオーダーとなった。多少の打順入れ替えはあるものの、開幕10試合を経過しても上位打線はほぼ固定されている。昨シーズンのオリックスは、チーム打率、チーム本塁打数ともにリーグ5位と打線が振るわず、チーム防御率リーグトップの投手力を勝利に結び付けられなかった。オーダー刷新で、浮上なるか。

◎ロッテ

■ロッテの開幕オーダー
1(中堅):藤原恭大
2(右翼):加藤翔平
3(二塁):中村奨吾
4(一塁):井上晴哉
5(左翼):角中勝也
6(三塁):レアード
7(DH):バルガス
8(捕手):田村龍弘
9(遊撃):藤岡裕大
投手:石川歩

 大阪桐蔭からドラフト1位で入団した藤原恭大が、高卒ルーキーながら開幕スタメンに抜擢(球団史上54年ぶり)。4打席目に初ヒット(内野安打)も記録し、以降もコンスタントに起用されたが、打率.105と低調で4月7日に2軍落ちとなってしまった。また、4番の井上晴哉も開幕から7試合で23打数1安打という極度のスランプで登録抹消。ただ、本拠地・ZOZOマリンスタジアムにホームランラグーンが新設され、日本ハムから本塁打王経験者のレアードが加入したこともあって、ホームランが激増。昨年、12球団最少本塁打だった打線の面影はすっかり消えている。

◎楽天

■楽天の開幕オーダー
1(中堅):田中和基
2(遊撃):茂木栄五郎
3(二塁):浅村栄斗
4(左翼):島内宏明
5(三塁):ウィーラー
6(一塁):銀次
7(DH):ブラッシュ
8(捕手):嶋基宏
9(右翼):オコエ瑠偉
投手:岸孝之

 開幕10試合を経過したところで、1〜8番まではほぼ固定。9番をオコエ瑠偉と大卒ルーキーの辰己涼介が日替わり起用といったオーダーが組まれている。上位打線の選手たちはおおむね好調で、西武から移籍してきた浅村栄斗も、開幕3試合目に打点を挙げ、4試合目に本塁打を放つなど、クリムゾンレッドのユニフォームに馴染みつつある。

 チームも首位争いを演じており、左太もも裏痛で登録抹消となった開幕投手の岸孝之、右ヒジの手術の影響でリタイア則本昂大の2本柱が戻ってくるまでは、打線の奮起で好調を維持したいところ。

(原稿執筆:4月11日)

文=藤山剣(ふじやま・けん)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索