聖光学院がコールド負け。学法石川、東奥義塾、東京学館新潟など二番手グループが次々と王者を撃破

聖光学院がコールド負け。学法石川、東奥義塾、東京学館新潟など二番手グループが次々と王者を撃破
 高校野球の最前線をお伝えする連載企画「高校野球最前線 秋の陣!」。3連休も各地で盛り上がった秋季大会。最新のニュース、トピックスをお伝えしよう。

◎東奥義塾が八戸学院光星を大勝撃破

 9月14日、秋季青森県大会1回戦、東奥義塾が今夏甲子園8強の八戸学院光星を10対3(8回コールド)で下した。東奥義塾は15安打で終始圧倒。1981年夏以来の甲子園出場に向け、視界良好だ。

 八戸学院光星は、仲井宗基監督が侍ジャパンU-18代表のコーチを務めたため、チーム作りが遅れたのではないかとも言われている。現役の指導者が代表チームにいると心強いが、こうした不利を生させないための対策も必要となりそうだ。

◎東京学館新潟が日本文理の県内連勝をストップ

 1983年の開校以来、初の甲子園を目指す東京学館新潟がリベンジを果たした。新潟大会2回戦、日本文理を7対5の接戦で下し、夏の決勝の雪辱を果たした。

 日本文理は昨秋から続いた県内公式戦の連勝が18でストップ。新潟県では二番手グループが着実に力をつけてきているが、いよいよ戦国時代に突入しそうな雰囲気がある。

◎学法石川が聖光学院を相手にコールド勝利

 福島大会2回戦では、学法石川が聖光学院を10対2(7回コールド)で下した。聖光学院は夏の福島大会13連覇中。夏に強いイメージがあるが、秋も当然強く、昨年まで4連覇中だった。

 学法石川は昨年11月に名将・佐々木順一朗監督が就任し、順調に成長している。

 ただ、聖光学院は負けた後が怖い。泥だらけになってチームがガラッと変わる。来春以降は巻き返してくるだろう。

◎茨城国体は9月29日に開幕

 3年生の最後の表舞台になる国体。今年は茨城県で9月29日に開幕する。出場校は、八戸学院光星(青森)、仙台育英(宮城)、作新学院(栃木)、関東一(東京)、星稜(石川)、中京学院大中京(岐阜)、履正社(大阪)、明石商(兵庫)、智辯和歌山(和歌山)、宇部鴻城(山口)、海星(長崎)、霞ヶ浦(開催地・茨城)の12校の予定。

 ドラフト候補にとっては最後のアピールチャンス。高校生・奥川恭伸(星稜)を目に焼きつける最後の機会になりそうだ。

文=落合初春(おちあい・もとはる)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索