つばさにはねられ高校生死亡 天童の踏切、自殺か

 8日午前9時20分ごろ、天童市柏木町1丁目のJR奥羽本線天童―乱川間の第一谷地踏切で、男性が東京発新庄行きの山形新幹線つばさ121号にはねられた。男性は約30分後に搬送先の県立中央病院(山形市)で死亡が確認された。死因は頭部外傷。天童署は自殺とみて調べている。同列車は緊急停止したが、乗客54人にけがはなかった。



 複数の関係者の話では、男性は村山地方に住む高校生とみられる。同署とJR東日本山形支店によると、男性は遮断機が下りた後、西側から線路内に立ち入ったという。運転士が気付いて急ブレーキをかけたが間に合わなかった。踏切の遮断機や警報器は正常に作動していたとみられる。つばさ121号は現場付近で安全確認をした後、約1時間後に運転を再開した。同列車を含む山形新幹線の上下4本と普通列車の上下2本が最大1時間6分遅れ、約940人に影響が出た。


関連記事

山形新聞の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

山形 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索