顔と同様に背中にも生活習慣が現れる

背中が第二の肛門と言われているのは知っていましたか?それくらい老廃物が表面化しやすいパーツということなのですが、なぜ背中が第二の肛門と呼ばれているのでしょうか。理由は3つあります。

その1 面積が広く毛穴の数が多い
その2 凹凸がなく常に衣類に覆われていて蒸れやすい
その3 他のパーツのようにケアをしていない(ケアしにくい)

生活習慣の見直し&ケアを習慣化しよう

背中は意識的に行わない限り見る機会が少ないパーツでもあります。ということもあり、意識的にチェックし、ケアすることが大切!まず、鏡の前に後ろ向きに立って背中をチェックしてみてください。

「なんかくすんでる?」と思ったら、酸化した皮脂が放置されているからかも。

「毛穴が気になる!」と思ったら、乾燥が原因かも。

「意外と吹き出物がある…」と思ったら、最近の食生活を見直してみて。

背中を見ることで日々の生活習慣を振り返るきっかけにもなります。出かける準備をする時、お風呂上りに…など、背中を見る機会を増やしましょう。そして、お風呂で汚れをオフしたら、きちんと洗い流し、ボディローションで保湿を。最低でも一日に1回は保湿を行いましょう。

監修:高野友希/美容スペシャリスト。10代の頃から美容業界に身を置き、学業と両立しながらノウハウを学び、独自の美容技術を用いてビューティーサロン「BONITO」を設立。経験と知識を活かしたオリジナルの施術はすっぴんを底上げしてくれると話題を集めている。美瞳、美眉、美肌作りを得意としている。
https://salon-bonito.com/
ライター:木川誠子