冬も意外と気になるボディライン

夏は露出が増えるのでボディラインを気にする人は多くなりますが、実は長袖の季節も油断大敵だってご存知でしたか?もこもこ重ね着していると、意外と気になる腕周り。なんだか窮屈になっていませんか?かわいいニットも体にフィットするのでボディラインが目立つものです。上半身をトレーニングして、すっきり着こなしをめざしましょう!

姿勢も大切

もう一つ大切なのは姿勢です。スッと伸びた正しい姿勢は、とてもすっきりした印象を与えます。反対に、力の抜けた姿勢ではお腹まわりがたるんでしわしわに…着ぶくれして見えてしまうことも。上半身のトレーニングは姿勢改善にも役に立ちます。おうちで手軽にできる自重トレーニング、さっそくやってみましょう。

二の腕をしっかり使って、引き締め効果!

自分の体重を二の腕でしっかりと支えましょう。腕のふりそで部分を使うことができるので、引き締め効果が期待できますよ。

1, 立てヒザになって座り後ろに手をつく。この時指先が自分の方を向くように。
2, お尻を浮かせ、ゆっくりとヒジを後ろに向かって曲げる。手首が90度以下にならないように注意。
3, お尻が床につかないところで動きを止め、同様にヒジを伸ばし元の位置へ。
4, 何回か繰り返す(肩に痛みのない範囲で行いましょう)。

二の腕と背中をじっくり鍛えよう


重力に逆らって手を持ち上げることで、二の腕のふりそで部分と背中側の筋肉にアプローチ。体をまっすぐに保つ体幹の筋肉を使うことにより、姿勢改善効果も期待できます。じっくりと時間をかけて動かすようにして。

1, 手首は肩の真下、ヒザはお尻の真下についた姿勢になる。
2, お尻の穴を締め、おへそを背骨に引き寄せるようにしてまっすぐの姿勢を作る。
3, 右手を真横に伸ばし、地面と平行まで持ち上げキープ。
4, ヒジを曲げ指先を床方向へ下ろす。
5, ゆっくりとヒジを伸ばし、3の位置まで戻る。
6, 何回か繰り返す。
7, 反対側も同様に行う

正しい姿勢のための背中の筋肉も忘れずに

姿勢をキープするための背中側の筋肉を鍛えることで、丸まった背中をすっきりまっすぐにします。肩の力は抜いて背中の肩甲骨あたりを意識して。

1, イスなどに座り、まっすぐの背骨を意識する。
2, タオルを両手に持ち、手を前に突き出して地面と平行ラインまで持ち上げる。
3, そこからゆっくりとヒジを後ろに引きながらタオルを胸に近づける(ヒジが下に下がらないように注意)。
4, 手を前に伸ばし元の位置へ戻す。何回か繰り返す。

どれもおうちで手軽にできるエクササイズ。隙間時間などに取り入れられるので、ぜひ試してみてくださいね!

ライター:櫻井麻美(さくらいあさみ)
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について探求している。「生きること」をテーマに様々な角度から発信している。