常喜眞理「女のココロとカラダ講座」

 「会社に行けない」……。泣きながらMさんは訴えた。会社に行くと吐き気がし、パソコンを開けても文字が目に入ってこない。つらくてつらくて仕方がないと言う。

 Mさんとは10年来、かかりつけ医としてお付き合いしてきた。だから一緒に悔しくなった。Mさんは地方の出身で、都内の有名私立大学を卒業後、約30年間、大手金融系の会社にお勤めだ。すでにマンションも購入し、立派に一人で身を立てている。女性が勤め続けるにはハードルが高かった世代だ。人一倍必死に働き、資格試験も受け、頑張ってきた。Mさんのこれまでの努力は手に取るようにわかる。

「子育てママ社員」には弱い男性上司

 今は、会社に子育て中の女性たちが増えている。Mさんの同僚にも、乳幼児を2人育てている女性がいる。彼女たちは自称“勝ち組”だそうで、残業は一切しないが、宴会には参加するらしい。仕事中はスマホいじりが長く、仕事に情熱は一切ないという。

 男性の上司は「子育てママ社員」に滅法(めっぽう)弱く、何も言えない。そのツケの多くが、Mさんに回ってくる。Mさんの体調不良の原因の一つは、彼女たちの態度とそれをかばう上司の態度にあるようだった。お断りしておくが、あくまでもMさんの同僚の話であって、子育て中の女性社員がみな、そうだと言っているわけではない。

仕事と自分の距離のとり方を

 症状改善のためには、「苦手な相手とは、一定の距離をとる」という方法もあるが、仕事上、どうしても関わらなければならない。となると、仕事に自分の時間の大半を費やしてきたMさんには、いったん休息してもらうことが必要と感じた。

 まずは、内臓の異常がないか、人間ドックや甲状腺機能検査などを受けてもらった。体の部品をチェックし、安心することができた。メンタルクリニックも受診してもらい、専門的な診察をお願いした。私は「伴走医者」としてMさんを支えていくことになった。

 Mさんは、いったん職場から離れ、休みをとった。体と心を癒やし、少し元気になったところで、改めて仕事と自分の距離のとり方を考えることにした。