ヒアリ?1000匹、中国から届いたコンテナに…女王アリとみられる死骸も

 京都府は12日、中国から大阪港経由で同府向日市に運び込まれたコンテナ内から、南米原産の強い毒性を持つヒアリとみられるアリ約1000匹が見つかったと発表した。

 府によると、コンテナには毛布が積み込まれ、9月23日に中国海南省から出港。香港を経由して10月3日に大阪港に到着し、12日朝に向日市内の倉庫に運びこまれた。倉庫業者がコンテナを開けた際に気付き、殺虫処分した。府が調べたところ、女王アリとみられる死骸も含まれていたという。

関連記事

おすすめ情報

ヨミドクター(読売新聞)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索