ノジマ、「ニフティ」の個人向け事業買収で調整

 家電量販店のノジマが、富士通の子会社でインターネット接続サービス大手「ニフティ」の個人向け事業を買収する方向で調整していることが分かった。

 買収額は200億円を超えるとみられ、3月までの合意を目指している。

 ノジマは、134万人(2016年3月末時点)のニフティ会員を囲い込み、ネットに接続できる家電の販売やネット関連サービスの強化を図る考えとみられる。

 富士通は昨年7月にニフティを完全子会社化したが、法人事業に力を入れるため企業向けのクラウドサービスを残す一方で、個人向け事業は売却先を探していた。買収にはKDDI(au)など複数の企業が名乗りを上げていたが、ノジマが最有力の候補になった。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

経済の主要なニュース

経済のニュース一覧へ

13時19分更新

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索