ツタヤ展開のCCC、徳間書店を子会社化

 DVDなどのレンタル大手「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は21日、徳間書店を子会社化したと発表した。

 魅力ある事柄を見極める徳間書店の編集力を、CCCの書店や複合商業施設の展開に生かす。電子書籍の事業も強化する。

 CCCの子会社で出版を手がけるカルチュア・エンタテインメントが、議決権ベースで約15%保有していた徳間書店株を追加で取得し、約97%まで引き上げた。追加の出資額は非公表。

 徳間書店は、週刊誌「週刊アサヒ芸能」やアニメ雑誌「アニメージュ」、宮崎駿監督の作品で知られる「スタジオジブリ」の関連書籍などを出版している。最近は消費者の書籍離れによる業績低迷が続いていた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

経済の主要なニュース

経済のニュース一覧へ

18時06分更新

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索