JA全中会長選に2人が立候補…7月5日に開票

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は20日、次期会長選にJA和歌山中央会会長の中家徹氏(67)と、JA東京中央会会長の須藤正敏氏(69)が立候補したと発表した。

 7月5日に開票され、次期会長を決定する。

 奥野長衛会長(70)の任期満了に伴う選挙で、地域農協の組合長らからなる代議員が郵送で投票する。

 中家氏は前回会長選に続く2度目の出馬で、奥野会長が進めた農協改革路線への批判票の受け皿になりそうだ。須藤氏は奥野路線を踏襲するとみられている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索