「スーパードライ」29年ぶり1億ケース割れ

 アサヒビールが発表した、2017年の国内ビール販売数量によると、主力ビールの「スーパードライ」は前年比2・1%減の9794万ケース(1ケース=大瓶20本換算)だった。

 1億ケースを割り込むのは29年ぶりだ。

 スーパードライは発売3年目の1989年に1億ケースを突破して以降、毎年1億ケース超を売り上げていた。ただ、2017年は酒の安売り規制が強化されてビールの値上げが相次いだうえ、夏場の天候不順もあり、販売に響いた。18年も9550万ケースと微減を見込んでいる。

 韓国やタイなど海外での販売は好調で、17年の国内外を合計した販売数量は約1億1000万ケースになる見込みだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索