カラーと白黒・望遠用、スマホ1台にカメラ3つ

カラーと白黒・望遠用、スマホ1台にカメラ3つ

 スマートフォンに複数のカメラを搭載する「複眼化」が進んでいる。

 異なる性質を持つカメラを組み合わせることで、背景をぼかしたり、暗い場所でも鮮明な写真を撮ったりすることなどができるという。若い世代を中心に、高いカメラ性能を求める声は根強く、メーカー各社は機能向上にしのぎを削っている。

 スマホ搭載カメラの複眼化は、中国の華為技術(ファーウェイ)が先行している。同社は現在、独カメラメーカーのライカと組み、カラー用と白黒用のカメラを搭載した機種を販売している。今月中旬以降、搭載するカメラを三つに増やした最上位機種「ファーウェイP20Pro」を市場に投入する。

 カラー用、白黒用、望遠用の三つのカメラを1台のスマホに載せ、被写体までの距離が遠くても、鮮明な写真を撮影できるようにした。ファーウェイデバイス日本・韓国リージョンプレジデントの 呉波 ごは 氏は11日の発表会で、「最高のカメラ体験が楽しめる」とアピールした。

 ファーウェイのほか、米アップルや韓国サムスン電子など、世界シェア(占有率)の大きい海外勢は、軒並み複眼化に取り組んでいる。アップルは2016年に発売した「iPhone(アイフォーン)7プラス」から導入している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索