韓国LCCの利用低迷か、各路線の運休発表続々

 韓国の格安航空会社(LCC)「エアプサン」と「イースター航空」は14日、北九州―韓国・ 大邱 テグ 線と宮崎―韓国・ 仁川 インチョン 線の定期便を9月から運休すると発表した。日韓関係の悪化による利用低迷の影響とみられる。

 エアプサンは現在、北九州―大邱線を週7往復運航する。7月の搭乗率が4割台と低迷したため、同月に週3往復への減便方針を発表したばかりだったが、9月1日以降は運休する。

 宮崎―仁川線を週3往復するイースター航空も9月19日〜11月30日の運休を決めた。12月以降は未定で、同社は「できる限り早期に再開したい」としている。

 韓国への定期便を巡っては、「ティーウェイ航空」の仁川と佐賀や大分、熊本、鹿児島を結ぶ路線が今月19日から、「エアソウル」の仁川と熊本を結ぶ路線が10月27日から運休することも決まっている。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索