東急グループは15日、東急線沿線の電車やバス、映画、食事を1か月単位の定額で利用できる「サブスクリプション」サービスを始めると発表した。3〜5月に試験的に実施し、利用状況をみて本格展開を検討する。

 東急によると、交通手段と生活サービスが一体となった定額制サービスは日本初という。東急線と東急バス全線が1か月乗り放題になるチケットに、「映画見放題」や「かけそば・もりそば1日1食」のサービスを組み合わせる形だ。4月以降は、電動自転車のレンタルサービスも加える予定だ。

 1か月の税込み価格は、電車・バスの乗り放題と、映画見放題の組み合わせが3万円、そばの組み合わせが2万3500円など。16日からインターネットで販売を始める。

 映画観賞はグループの「109シネマズ」のうち「川崎」「二子玉川」など沿線周辺の5館が、そばは渋谷などにある「しぶそば」全店が対象となる。