トヨタ自動車は16日、米カリフォルニア州で電動の垂直離着陸機(VTOL)を開発している「Joby Aviation」に3億9400万ドル(約430億円)を出資すると発表した。

 トヨタは、ハイブリッド車などに使われている電動化技術を応用して機体の動力開発に関わる。生産性向上に向けたノウハウも提供し、電動VTOLの量産化に取り組むとしている。

 Joby社は、電動VTOLを使った「空のタクシー事業」を目指していることで知られている。トヨタの豊田章男社長は、「陸だけでなく空にも、移動の自由と楽しさをお届けするモビリティーの実現に貢献できることをうれしく思う」とのコメントを発表した。