【ニューヨーク=小林泰明】11日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比0・48ドル安の2万9276・34ドルと小幅に値下がりした。

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大が世界経済に与える影響を巡って、投資家の思惑が交錯し、方向感が乏しい展開となった。

 情報技術(IT)企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は、10・55ポイント高の9638・94だった。