米労働省は26日、21日までの1週間を対象にした新規失業保険申請件数(季節調整済み)を発表した。前週の10倍以上となる328万3000件で、リーマン・ショックの影響があった2009年3月(66万5000件)や82年10月(69万5000件)を大幅に上回る記録的な高水準となった。労働省は「ほぼ全ての州で新型コロナウイルスの影響を受けた」とし、人員削減の動きが広がっていると指摘した。