井山棋聖が鋭い反撃…囲碁・棋聖戦第1局

 囲碁界の最高位を争う第41期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)、井山裕太棋聖(27)と挑戦者、河野臨九段(36)の第1局が14日午前9時、島根県安来市の「さぎの湯荘」で始まり、午後4時56分に井山棋聖が39手目を封じて1日目を終えた。

 お互いに隅を締まり合う穏やかな展開の中、河野九段は右上の定石形で白16と工夫を見せる。その後は互いの思惑を外しながら、慎重な駆け引きが続いた。河野九段は白32の肩付きから黒模様を消したが、井山棋聖は黒37と鋭く反撃。河野九段が白38と応戦した場面で、井山棋聖が封じた。

 解説の清成哲也九段は「河野九段の意欲的な構想に対し、井山棋聖の黒37はさすがの一手。ここから険しい戦いになりそうだ」と話している。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

15時39分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索