加藤一二三・九段が引退、「神武以来の天才」

加藤一二三・九段が引退、「神武以来の天才」

 将棋の最年長棋士・加藤 一二三 ひふみ 九段(77)は20日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた竜王戦6組昇級者決定戦で、高野智史四段(23)に98手で敗れ、同日付での引退が決まった。

 福岡県出身の加藤九段は14歳7か月で四段に昇段、当時のプロ入り最年少記録をつくった。18歳で順位戦A級に昇級し、「神武以来の天才」と呼ばれた。得意戦法は矢倉や棒銀で、十段や名人など、通算8期のタイトルを獲得。通算成績は1324勝(歴代3位)、1180敗(歴代1位)。

 早口でおしゃべりな独特のキャラクターがテレビのバラエティー番組などでも人気になり、「ひふみん」の愛称でも親しまれた。昨年12月には、竜王戦6組で史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)のデビュー戦の相手となった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索