草間弥生美術館、新宿に開館へ…世界初の公認

草間弥生美術館、新宿に開館へ…世界初の公認

 網目模様や水玉などをモチーフにした作品で世界的に知られる、前衛芸術家・草間弥生さん(88)の作品を展示する「草間弥生美術館」( 建畠晢 たてはたあきら 館長)が10月1日、東京都新宿区に開館することになった。

 世界初の草間さん公認の個人美術館となる。

 同美術館(地上5階・地下1階)は、草間さんが今年設立した一般財団法人が運営し、年2回の展覧会と講演会などを計画している。

 開館記念展「創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」を10月1日〜来年2月25日まで開催する。カラフルな色彩で顔や目、細かな図案を正方形のキャンバスにうごめくように描き込んだ、2009年以降の大型絵画連作「わが永遠の魂」の作品を中心に展示する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索