世界大学ランキングで知られる英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は24日、日本版の大学ランキングを発表した。東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大と東京工業大が同率で3位だった。

 日本版の発表は、今回が4回目。国内の278大学が参加し、上位20校のうち国立大が15校を占めた。

 昨年3位だった東北大は、留学生比率などで測る国際性が評価された。東工大は国際性のほか、教育の充実度などが評価され、昨年の7位から大きく順位を上げた。

 世界ランキングでは研究力が重視されるが、日本版では教育の充実度や成果、国際性などを指標としている。