北海道大の名和豊春学長(66)が役職員にパワーハラスメントなどの不適切な行為を行ったとして、文部科学省は30日、国立大学法人法に基づき、名和氏を同日付で解任したと発表した。同省によると、国立大学が2004年度に法人化されて以降、学長が解任されたのは初めて。名和氏は取材に対し、処分を不服とする審査請求などを検討する考えを示している。

 同大は学内からのパワハラの訴えを受け、同大の学長選考会議が調査を行い、昨年7月、学長解任の申し出を文科相に行っていた。

 文科省は、学長として資質を疑われる行為など28件の事実を確認した。役職員に威圧的な言動をしたり、過度に 叱責 しっせき したりしたほか、学外の要人との面談を一方的にキャンセルしたり、大学の承認を得ずに利害関係者から報酬を得て講演を行ったりする事案もあったという。

 名和氏は、同大大学院工学研究院長・工学部長などを経て17年4月に学長に就任。任期は23年3月末までだった。