岐阜・山県市の養鶏場で高病原性鳥インフル

岐阜・山県市の養鶏場で高病原性鳥インフル

 岐阜県は14日、同県山県市の養鶏場で鶏が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、高病原性鳥インフルエンザに感染していたと発表した。

 県は、自衛隊に出動を要請するとともに、養鶏場で飼育している約8万羽の殺処分を始めた。

 県によると、同日午前8時25分頃、県の家畜保健衛生所に「鶏舎内で100羽以上が死んでいるのが見つかった」と連絡があった。いずれも生後45日前後のヒナで、県が死んだ個体など7羽で簡易検査を実施した結果、6羽で陽性反応が出たという。遺伝子検査で詳しく調べた結果、同日深夜、「H5亜型」と判明。県は、養鶏場の消毒や殺処分を進める一方、半径3キロ以内にある4か所の養鶏場に鶏や卵などの移動禁止を指示。半径3〜10キロの12か所の養鶏場に対しても、区域外に搬出しないよう指示した。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

14時01分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索