海自護衛艦、南シナ海要衝に寄港…中国をけん制

海自護衛艦、南シナ海要衝に寄港…中国をけん制

 【カムラン(ベトナム中部)=吉田健一】海上自衛隊で最大級の護衛艦「いずも」が20日、南シナ海に面した軍事要衝・カムラン湾に初寄港した。

 米軍を中心に日豪なども参加する人道支援演習「パシフィック・パートナーシップ」の一環で、日米の艦船が初めて同時に寄港して日米の結束を誇示し、南シナ海の軍事拠点化を進める中国を強くけん制する形となった。

 20日午後、同湾国際港に日の丸と星条旗の日米の国旗がはためく中、「いずも」と「さざなみ」の護衛艦2隻が接岸した。

 伍賀祥裕・第1護衛隊群司令は記者会見し、いずもの訓練参加について「アジア太平洋地域の平和と安定に対し、わが国のさらなる貢献を示す」と語った。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

06時24分更新

社会のニュースをもっと見る

03時02分更新

経済のニュースをもっと見る

05時40分更新

政治のニュースをもっと見る

03時01分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

06時06分更新

エンタメのニュースをもっと見る

05時30分更新

スポーツのニュースをもっと見る

06時00分更新

トレンドのニュースをもっと見る

21時48分更新

仕事術のニュースをもっと見る

22時19分更新

生活術のニュースをもっと見る

10時04分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索