ニホンライチョウ、人工繁殖事業で初の産卵確認

 環境省は20日、2015年から取り組んでいる国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業で、初めての産卵が確認されたと発表した。

 確認されたのは、事業委託先の一つ、富山市ファミリーパーク。同パークによると、昨年6月に 孵化 ふか したオスとメス各1羽を今年4月から同じケージで飼育。今月13日に初めての交尾が見られ、20日午後、卵1個(23グラム)を確認した。

 同省は人工繁殖技術を確立して、絶滅が危惧されるニホンライチョウを保全しようと、15、16年に長野・岐阜県境の 乗鞍岳 のりくらだけ で採卵。孵化した14羽を、同パーク(7羽)、上野動物園(東京、4羽)、大町山岳博物館(長野県、3羽)が飼育している。

 同パークの石原祐司園長は「繁殖を進める上での第一歩。孵化と育成を成功させて、人工繁殖技術を確立させたい」と話した。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

11時01分更新

社会のニュースをもっと見る

10時54分更新

経済のニュースをもっと見る

09時55分更新

政治のニュースをもっと見る

10時14分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

09時06分更新

エンタメのニュースをもっと見る

09時34分更新

スポーツのニュースをもっと見る

10時43分更新

トレンドのニュースをもっと見る

10時39分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

16時35分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索