解体中の「明治」倉庫燃える、作業員けが

解体中の「明治」倉庫燃える、作業員けが

 20日午後4時10分頃、東京都江東区新砂にある食品大手「明治」の東陽町物流センターから出火、解体中の4階建て倉庫約5000平方メートルを焼き、約6時間後に消し止められた。

 この火災で、20歳代の男性作業員が全身にやけどを負って病院に搬送された。

 警視庁城東署幹部によると、解体工事は板橋区の業者が請け負い、出火当時、二十数人が作業をしていた。工事関係者は「2階でバーナーを使って鉄骨を焼き切る作業をしていたところ、火花が内壁のウレタン材に燃え移り、一気に燃え広がった」と説明しているという。同署は21日にも現場検証を行い、出火原因を調べる。

 明治によると、倉庫はバターやチーズなどの保管に使われていたが、今年2月に閉鎖。跡地は駐車場として利用する予定だった。同社広報部は「原因を究明して二度とこのようなことがないようにしたい」としている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索