東武東上線脱線事故「台車に亀裂」の可能性

 東京都板橋区の東武東上線中板橋―大山駅間で昨年5月、上り普通電車(10両編成)が脱線した事故で、東武鉄道は13日、車輪の前後をつなげる台車の枠の一部で、溶接の形状が不適切な部分があり、走行を続けた結果、亀裂が生じて脱線した可能性が高いとする最終調査結果を公表した。

 事故は昨年5月18日昼過ぎに発生。5両目後方の四つの車輪が、進行方向右側に脱線し、台車枠に約18センチの亀裂が見つかった。東武鉄道は再発防止策として、検査態勢の強化を図っている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索