電動車いす女性が踏切で立ち往生、はねられ死亡

電動車いす女性が踏切で立ち往生、はねられ死亡

 12日午後3時30分頃、兵庫県高砂市米田町島のJR山陽線 宝殿 ほうでん ―曽根間の 東川 あずまがわ 踏切で、電動車いすに乗った高齢女性が踏切内で立ち往生し、網干発米原行き上り普通電車(8両編成)にはねられて死亡した。

 同県警高砂署によると、女性は警報機が鳴った後、遮断機が下りる前に踏切に進入したとみられるという。同署は女性の身元の確認を進めている。

 JR西日本によると、電車の運転士が約300メートル手前で見つけ、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。乗客約300人に、けがはなかった。踏切は車1台が通れるほどの幅で、長さは約10メートル。

 この事故で山陽線の上下23本が運休、同12本が最大約1時間40分間遅れ、約1万4000人に影響した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索