母は5歳次女の腕をストーブに、祖母は頬に包丁

 次女(5)の腕をストーブに押しつけてやけどさせたなどとして、兵庫県警伊丹署は12日、母親の無職の女(26)(兵庫県伊丹市)と祖母の派遣会社員の女(47)(同)の両容疑者を傷害容疑で逮捕した。

 次女の命に別条はない。2人とも「言うことを聞かず、態度が悪かった」などと容疑を認めているという。

 発表によると、母親は10日、自宅で次女がお漏らしをしたとして、次女の左腕を石油ストーブの天板部分に2回にわたり、押しつけ、けがを負わせた疑い。祖母は9日夜、次女が食事の行儀の注意を無視したとして、包丁を左頬に押し当てて軽傷を負わせた疑い。

 母親は昨年10月、祖母宅に長女、次女、三女を連れて転居し、同宅では母親の弟2人を含め、計7人が暮らしていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索