列車止まりパトカーで受験生センター試験会場へ

 北海道では、室蘭工大(室蘭市)の会場に向かっていた受験生4人が13日朝に発生したJR室蘭線上り特急列車の踏切事故に伴う運転見合わせで、試験会場に向かえなくなるトラブルがあった。

 そのため道警が特急列車に乗ろうとしていた1人と後続の普通列車に乗っていた3人をパトカーで会場に送り届けた。大学入試センターによると、パトカーが受験生を運んだケースはセンター試験で初めてという。

 特急の受験生は午前10時40分の試験開始に間に合った。一方、後続列車の3人は4分遅れで別室受験となった。

 道警は、受験生が事故などに巻き込まれた場合、パトカーで会場に送るよう道内各署に通知していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索