「注意聞かず腹が立った」園職員、男児の胸蹴る

 勤務先だった認定こども園で園児を蹴って負傷させたとして、北海道警旭川中央署は16日、旭川市、派遣従業員の男(34)を傷害容疑で逮捕した。

 発表などによると、男は2月19日午前、園の保育室で男児(6)の胸を蹴って転倒させ、後頭部打撲のけがを負わせた疑い。当時、男は園の臨時職員で、男児のクラスの担任だった。「注意を聞き入れてもらえず、腹が立った」と供述しているという。

 男児の母親から通報を受け、園を運営する社会福祉法人は2月28日付で男を懲戒解雇。母親が同署に被害届を出していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索