のぞみ破損、駅員が血痕認識…鳥と衝突と思った

 JR山陽新幹線の博多発東京行き「のぞみ176号」(700系、16両編成)が、先頭車両のボンネットが破損したまま走行を続けていた事故で、この列車が小倉駅(北九州市)に到着した際、JR西日本の駅員がボンネットの傷の一部や血のような付着物に気付いていたことが分かった。しかし、駅員は運転に支障はないと考え、同駅での点検を見送っていた。

 JR西によると、のぞみ号は14日午後2時9分頃、小倉駅に到着。駅員はホーム中央付近で列車が入ってくるのを確認したが、「先頭車両のボンネットに血のりが付着し、ひびが入っているように見えた」と、破損を認識していたと説明した。

 しかし、駅員は「鳥と衝突したのだと思った。大きな破損には気付かず、運転には支障がないと考えた」として、先頭車両を再確認したり、運行を止めて点検したりはしなかった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索