墜落したヘリ、ホバリング性能高いが事故多発

墜落したヘリ、ホバリング性能高いが事故多発

 今回墜落した米ベル・ヘリコプター・テキストロン社製の412EP型機は最大15人が搭乗可能で、航空関係者によると、ホバリング性能が高いのが特徴という。

 運輸安全委員会によると、同型機による航空事故は2010年以降、今回の事故を除いて5件発生し、2件は墜落事故だった。17年3月に長野県内の山中に同県消防防災ヘリが墜落した事故では、搭乗していた9人全員が死亡し、同委が原因などを調べている。10年8月には、香川県沖を飛行していた海上保安庁のヘリが島をつなぐ電線に接触して墜落し、機長ら5人が死亡した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索