東邦航空運航のヘリ、17年にも墜落…4人死亡

東邦航空運航のヘリ、17年にも墜落…4人死亡

 今回墜落したヘリコプターの運航を委託されていた東邦航空は、同社ホームページなどによると、伊豆諸島間を結ぶヘリコプターの運航や、群馬県を含む自治体の防災ヘリなどの委託運航を請け負っている。

 東邦航空のヘリコプターでは過去にも事故が起きており、2017年11月には、山梨県から栃木県に向かっていた仏アエロスパシアル社製のAS332L型機が群馬県上野村で墜落し、機長ら4人が死亡した。

 事故を巡っては、事故機のテールローター(後部回転翼)の点検時に、整備マニュアルに反して部品交換をしなかったことなどが判明。国土交通省は今年2月、「事故との因果関係は不明」としながらも、東邦航空に対し、航空法に基づく事業改善命令を出している。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索