関東地方山地で雪予想、沿岸部でも積雪のおそれ

 気象庁の12日午後4時過ぎの発表によると、前線を伴った低気圧が13日にかけて日本の南を東へ進行、伊豆諸島付近にある別の低気圧もゆっくり東へ進む見込み。

 これに伴い、13日明け方にかけて関東地方南部や山梨県を中心に雪や雨が降り、山地を中心に積雪となるところがあるという。

 13日午後6時までの24時間降雪量は、多いところで神奈川県西部の山地、甲信地方が5センチ、多摩地方や秩父地方、関東地方北部山沿いで3センチ、関東地方平野部で1センチ。

 予想より降水量が多くなり、気温が低くなった場合、関東地方の沿岸部でも積雪となるおそれがあるという。同庁では交通障害や路面の凍結への注意を呼び掛けている。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索