プロ野球などの勝敗を予想する賭博をしたとして、愛知県警は13日、特定抗争指定暴力団・山口組弘道会傘下組織幹部の前川広行容疑者(58)(名古屋市中区)ら組関係者5人と自営業の男1人を賭博開帳 図利 とり や常習賭博の疑いで逮捕したと発表した。逮捕は12日。賭け金の総額は6億円を超え、県警は暴力団の資金源になっていたとみて金の流れを調べている。

 発表によると、前川容疑者は2018年5月〜19年3月に計15回、別の傘下組織に所属する伊藤俊輔容疑者(50)(同市千種区)にプロ野球などスポーツの勝敗に1口1万円、計998万円を賭けさせた疑い。また、伊藤容疑者は18年9月〜19年4月、自ら胴元となり、組関係者ら4人に計1652万円を賭けさせた疑い。

 賭博は、的中者に賭け金の1・8倍を支払うルールで行われていた。前川容疑者は約150万円、伊藤容疑者は約50万円の利益を得ていたという。

 県警が別の事件で押収した組関係者の携帯電話から発覚した。6人のメールのやりとりから、賭け金は総額約6億2000万円に上っていたという。