和歌山県湯浅町の済生会有田病院の男性外科医(50歳代)が新型コロナウイルスに感染した問題で、和歌山県は15日、この外科医の同僚で、同病院に勤務する50歳代の別の男性外科医も感染していたと発表した。同病院をめぐっては、入院患者だった農業男性(70歳代)の感染も判明しており、同県で確認された感染者は3人となった。

 同病院は、来院患者や家族を対象とした「接触者外来」を設置。湯浅町も対策本部を設けて情報収集を進めている。