任期満了に伴う日本医師会(日医)の会長選が27日午前、東京都文京区の日本医師会館で行われ、中川俊男副会長(69)が現職の横倉義武氏(75)を破り、新会長に選出された。任期は2年間。

 会長選は、欠席した1人を除く代議員371人の投票によって行われ、開票結果は中川氏191票、横倉氏174票、白票4票、無効2票だった。

 中川氏は北海道医師会常任理事などを経て、2010年から日医副会長を務めている。5期目を目指した横倉氏は、引退を検討したが周囲から翻意を促され出馬を決断した。在任中には安倍首相ら政権幹部との人脈もいかし、診療報酬改定で医師や看護師らの人件費に回る「本体」部分のプラス改定を勝ち取るなど存在感を示してきた。