プラスチック製のレジ袋が7月1日から、コンビニやスーパーなど全国の小売店で原則、有料化される。プラスチックごみ(廃プラ)の削減に向けて、国民生活で義務が課されるのは初めてとなる。

 有料化が義務づけられるのは、持ち手のあるプラ製の買い物袋を提供する全ての小売店だ。スーパーやコンビニのほか、デパート、生活雑貨店、衣料品店など、影響は多方面に及ぶ。

 ただ、紙袋や布袋、スーパーで総菜や生鮮食品を入れる持ち手のない袋は対象外だ。植物由来のバイオマス素材の配合率が25%以上の袋なども対象に含めない。

 大手スーパーなど有料化を先行してきた店舗に続き、多くのコンビニでも一斉に料金を取り始める。セブン―イレブンは1枚あたり3〜5円、ローソンとファミリーマートは1枚3円とする。外食店もテイクアウトでレジ袋を使用する際は有料となるが、日本マクドナルドや牛丼大手の吉野家など多くのチェーンはバイオマス素材のレジ袋を無料で提供する。