気象庁は29日、同日夕から30日にかけて九州や四国などで局地的に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や河川の氾濫などへの警戒を呼び掛けた。

 同庁によると、梅雨前線が30日にかけて西日本から東日本をゆっくりと北上。暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になり、前線の活動が活発になる見込みという。

 西日本では29日午後から雨が降るところがあり、特に、九州北部では29日夕方から30日昼過ぎにかけて、九州南部では29日夜遅くから30日夜遅くにかけて、四国では30日明け方から同日夕方にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがあるという。

 30日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで九州北部150ミリ、九州南部100ミリ、四国80ミリ。さらに、その後の7月1日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで四国200ミリ〜300ミリ、九州北部・南部100〜200ミリとなっている。

 同庁では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への警戒・注意を呼び掛けている。また、落雷や突風にも注意が必要という。