長男を絞殺しようとしたとして、愛知県警瀬戸署は28日、同県瀬戸市原山台、小林マリ子容疑者(84)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。長男は搬送先の病院で死亡が確認された。県警は殺人容疑で調べている。

 発表によると、小林容疑者は28日午後10時半頃、県営住宅2階にある自宅の居間で、同居する長男の洋一さん(59)の首を電気の延長コードで絞めて殺害しようとした疑い。「酒を飲んで寝ている隙を狙って絞めた」と容疑を認めている。

 小林容疑者が約1時間後に「息子を殺した」と110番し、駆けつけた署員がうつぶせで倒れている洋一さんを見つけた。

 県警によると、小林容疑者は洋一さんと2人暮らし。洋一さんは失業中だったといい、襲われた時は泥酔していたとみられる。小林容疑者は「日頃から(息子が)酒を飲む度、仕事のことなどで口論になるので苦慮していた」と話しているという。