約700メートルにわたって「あおり運転」をしたとして、福岡県警宗像署は29日、同県宗像市の会社員の男(36)を暴行容疑で宗像区検に書類送検した。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。

 発表では、男は4月12日午前10時半頃、宗像市栄町の県道などで乗用車を運転中、前方を走る同市の男性(75)の乗用車にクラクションを鳴らしながら急接近したり、男性の車を追い越した後に急ブレーキをかけたりするなど約700メートルにわたって、あおり運転をした疑い。

 男はこの直前、方向指示器を出さずに交差点を左折したため、男性がクラクションを鳴らしたといい、男は「クラクションを鳴らされたのでカッとした」と容疑を認めているという。県警は男性の車のドライブレコーダーに残る映像から男を特定した。