「第94回全国花火競技大会(大曲の花火)」の大会委員会は29日、新型コロナウイルス感染防止のため、秋田県大仙市で8月29日に開催予定だった全国花火競技大会の開催を見送ることを決めた。第94回大会を1年延期し、来年実施する。開催されないのは、大雨で延期された1947年以来。

 大曲の花火は、全国の花火師が花火の美しさや独創性を競う大会。雄物川河川敷で約1万8000発の花火が打ち上げられ、例年、全国から約70万人が訪れる。

 委員会では観客数を削減しての開催も検討したが、首都圏を中心に、感染がまだ収まっていないため、見送りを決定した。会長の老松博行・大仙市長は「苦渋の決断。花火産業への支援を考えたい」と語った。