気象庁によると、発達中の低気圧や前線の影響で九州地方では30日、非常に激しい雨が降っている所があり、また西日本から東日本では7月1日にかけて局地的に雷を伴う大雨となる見込み。同庁では土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに警戒を呼び掛けている。

 1日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海地方が300ミリ、近畿・四国地方が250ミリ、関東甲信地方が220ミリ、九州南部地方が200ミリ、九州北部地方が150ミリ。