日本海西部にある低気圧と前線の影響で、東海は30日から7月1日にかけ、局地的に記録的な大雨となる恐れがある。西日本や東日本でも大雨が予想されており、気象庁は土砂災害や河川の氾濫に警戒するよう呼びかけている。

 気象庁によると、1日午後6時までの24時間雨量は多い所で、静岡県で400ミリ、愛知県で300ミリと予想されている。静岡県では平年の6月1か月分に相当する雨量となる恐れもある。

 このほか、近畿と関東甲信でも200ミリ、九州南部と伊豆諸島で150ミリなどと予想されている。